« サルビア | トップページ | ノウゼンカズラ(凌霄花) »

『ボディ・クッキング〜母体蘇生〜』 (Ed and His Dead Mother)

1993年製作
キャスト:スティーブ・ブシェミ、ネッド・ビーティ、ミリアム・
          マルゴリス、サム・ジェンキンス 他


マザコンのエド(スティーブ・ブシェミ)。
母親が亡くなって落ち込んでいたエドのもとへ
”亡くなった人を生き返らせる”というセールスマンがやってくる。
半信半疑でセールスマンに母親を生き返らせてくれるように
お願いするエド。
見事生き返った母親と以前のように暮らし始めるが、
生前の母親とちょっと違う。
時が経つにつれ母親の異常行動が目立ち始め、
再び母との別れを決意する。。。

話の先が読めず、どうなるのか最後までドキドキでした。
これはハッピーエンドなのかな?
なんとか丸く収まったけど、
最後の最後で、「この後どうなるんだろう」って感じで
話が終わってしまいました。
この後の展開がとっても気になります。
 
 Photo

|

« サルビア | トップページ | ノウゼンカズラ(凌霄花) »

映画・テレビ・ドラマ」カテゴリの記事

映画・ドラマタイトル(な~は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ボディ・クッキング〜母体蘇生〜』 (Ed and His Dead Mother):

« サルビア | トップページ | ノウゼンカズラ(凌霄花) »