映画・テレビ・ドラマ

『フォー・ルームス』(Four Rooms)

1995年製作
キャスト: ティム・ロス、マドンナ、アントニオ・バンデラス、
     ブルース・ウィリス、ジェニファー・ビールス

  第1話「ROOM 321 お客様は魔女」
  第2話「ROOM 404 間違えられた男」
  第3話「ROOM 309 かわいい無法者」
  第4話「ペントハウス ハリウッドから来た男」

4話のオムニバス。
大晦日、ロサンゼルスのとあるホテルで色々事件が
起こるんですが。。。
それぞれ別の話ですが、ちょっと繋がってる部分もあります。
一番おもしろかったのは、第3話の「ROOM 309 かわいい無法者」。
子供達が生意気ですが、あのドタバタがよかったです。
あと、いひょうをついて死体が出てくるとことか。

こういう感じの映画は普段観ないので、
ティム・ロスが出てなければ、きっと観ることもなかったな。
好きな俳優さんが出てるから観るっていうのは
ミーハーな感じですが、色んな映画を観るきっかけに
なってるからいいか。

ティムはこういうコミカルな役もできるんですね。
今まで観たティムとは別人で驚きました。

この映画のオープニング曲、コンバスティブル・エディソン
(COMBUSTIBLE EDISON)の"ヴァーティゴーゴー”(Vertigogo)は
CMなどで時々聞きますね。
こういうノリの曲は結構好きです。
 
Photo
 
Photo_3 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ボディ・クッキング〜母体蘇生〜』 (Ed and His Dead Mother)

1993年製作
キャスト:スティーブ・ブシェミ、ネッド・ビーティ、ミリアム・
          マルゴリス、サム・ジェンキンス 他


マザコンのエド(スティーブ・ブシェミ)。
母親が亡くなって落ち込んでいたエドのもとへ
”亡くなった人を生き返らせる”というセールスマンがやってくる。
半信半疑でセールスマンに母親を生き返らせてくれるように
お願いするエド。
見事生き返った母親と以前のように暮らし始めるが、
生前の母親とちょっと違う。
時が経つにつれ母親の異常行動が目立ち始め、
再び母との別れを決意する。。。

話の先が読めず、どうなるのか最後までドキドキでした。
これはハッピーエンドなのかな?
なんとか丸く収まったけど、
最後の最後で、「この後どうなるんだろう」って感じで
話が終わってしまいました。
この後の展開がとっても気になります。
 
 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ハードロック・ハイジャック』(Airheads)

1994年製作

キャスト:ブレンダン・フレイザー、アダム・サンドラー、
    スティーブ・ブシェミ、ジョー・マンテーニャ 他

売れないアマチュアバンドをやってる3人が自分達の曲を
ラジオで流してもらうため、ラジオ局をジャックするっていう話。

馬鹿馬鹿しくて(いい意味で)、何も考えず観られます。
普通なら考えられないような偶然が続き、トントン拍子で
話が進んでいきます。
登場人物もみんな明るくて、ちょっとおバカでいいですね。
私はこういうの好きですが、
人によってはくだらな過ぎて「イラッ」とするかも。

チャズ役のブレダン・フレイザーはちょっとカッコよすぎじゃ
ないですか?
アイドルでデビューした方が売れるんじゃないかな。

ロン毛のブシェミは新鮮ですね
ブシェミ出演の映画は色々観ましたが、今まで見たのとは
全然別人です。
あの長い髪は自毛でしょうか?それともつけ毛?

ブシェミみたいなヘビメタくん、いますよね。
私のヘビメタくんのイメージはこんな感じなんですが。

あと、『クリミナル・マインド』でロッシをやっている
ジョー・マンテーニャがDJ役で出てるんですね。
全然雰囲気が違うので最初気づかなかったんですが、
声で分かりました。
『クリミナル・マインド』では渋い感じですが
この映画ではノリのいいDJ。
ラテンな感じのマンテーニャもステキですね。

 

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『デンバーに死す時』(Things to Do in Denver When You're Dead)

1995年製作

キャスト:アンディ・ガルシア、ガブリエル・アンウォー、
         
クリストファー・ウォーケン、スティーヴ・ブシェミ 他

なんなんでしょう。。。
とってもつまらなかったです
ストーリーはぱっとしないし、
すごいシーンがあるわけでもないし。。。
 
   
** あらすじ **

  昔はワルだったが、
  今は足を洗った聖人ジミー(アンディ・ガルシア)。
  あるとき、ジミーは昔のボスに仕事を依頼される。
  ワル時代の仲間4人を集め、それを実行するんですが、失敗。
  それに激怒したボスが、殺し屋Mr.シー(スティーヴ・ブシェミ)を
  雇ってジミーの仲間を処刑しようとするっていう話なんですが。。。

********
  
 
なんか突っ込みどころ満載でした。

ジミーは昔、そうとうなワルだったようですが、
その割には、ジミーが集めた昔の仲間はなぜか
ぱっとしない人ばかり。。。
「こんな人たちと仲間だったっていうことは
ジミーは実はたいしたことなかったんじゃあ。。。」
って思ってしまいました。

そのジミーは、ある女性を好きになるんですが、
自分の今の状況と、彼女にも危険が及ぶことを考え、
身を引く決意をする。
それはいいんですが、
なぜが恋敵に「プロポーズにはこの指輪を使ってくれ」って
自分が買った指輪を使ってもらおうとしてるし。。。
なんで人が買った指輪をプロポーズに使うの??
普通に考えてそんなのもらうわけないし
それも彼女がいる前でそんなこと言ってるし
普通、そういうお願いは隠れてこっそりするんじゃないのかな。

狙った人を必ず仕留める殺し屋、Mr.シー(スティーブ・ブシェミ)は、
すっごい殺し屋のはずが、あっけなく殺されてしまうんですよね。
「見た目ぱっとしない感じだけど実は。。。」っていうのを
期待していましたが、割と見た目通りでした。
なんでブシェミがあの役だったんでしょうか
ブシェミが登場しただけで、なんか笑ってしまったし、
あっけなく、たいしたことない人に殺されてしまった時は
ちょっと苦笑いしてしまいました。

この話はコメディーじゃないんですよね??
本当~~につまらなくて、時間を返して欲しい映画でした。
 
Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZIPPEI(ジッペイ)兄弟が急死

ジッペイ兄弟が急死したそうです。
『ZIP!』の番組内で発表がありました。
ジッペイが死んでしまったなんて信じられないです。
本当にショック。。。

番組の発表によると、
ジッペイ兄弟は他の犬7頭と飼い主の車で外出。
飼い主が車から離れて1時間半後に戻ってみたら
車の中にいた犬達がぐったりとしていたそう。
懸命に介抱したそうですがその甲斐なく、
車の中にいた9頭中、ジッペイ兄弟を含める7頭が
亡くなってしまったそうです。

飼い主の話だとエアコンをつけてたそうですが、
車に戻った時、なぜかエアコンが止まってしまっていたとか。

でもエアコンをつけているとか、いないとかの問題じゃなくて
車に犬達だけを置いて行くっていうのはどうなんでしょうか。
それも1時間~1時間半もの長い間、おきっぱなしって
いうのはね。

時々、車の中にいた小さい子供が熱中症で亡くなったって
いうニュースを目にしますが、犬も小さい子供と一緒ですよね。
暑くても自分でエアコンを入れられないし、
車を開けて降りることもできない。。。
こんな暑い日に車に残しておくのは絶対ダメですよね。

なんか今日1日、飼い主へのもやもやした気持ちと
ジッペイが死んでしまったことの悲しさで
気持ちがぐちゃぐちゃでした。

ジッペイおにいちゃんとジッペイ弟くんの
ご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジッペイ スマイルキャラバン♪

今日の゛スマイルキャラバン゛は
ダイスケさんが高崎でだるまの絵つけを
してましたね。o(^-^)o

完成したダルマはカラフルでかわいい~
ダルマじゃないみたいです。
普通のダルマだと渋くて
部屋に飾るのはちょっと…っていう人も
ああいう雰囲気のダルマなら
部屋にかざりますね。
もし販売されたら私も欲しいです。

明日もまた群馬だそうです。
どこに行くのか楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンフレット買っちゃいました♪

またまたブシェミがらみです。。。 (;´▽`A``


スティーブ・ブシェミが出ている映画のパンフレットを
3つも買ってしまいました~o(^-^)o

『ゴーストワールド』と『ファーゴ』と『レザボアドッグス』。

『ゴーストワールド』と『ファーゴ』は安いんですが、
『レザボアドッグス』はなぜか高いんですね~
人気があるってことなんでしょうか。
前から欲しかったけど、結構いいお値段なので
買えずにいました。
が、先日ネットでお手頃価格を発見
即、購入してしまいました

今までチェックした金額の半額ぐらいだったので
そうとうボロなのを覚悟してましたが、ほぼ新品
思い切って買ってよかった

今回買った3つの映画は私が好きなブシェミベスト3です。
『ゴーストワールド』はおたくっぷりがいいし、
『ファーゴ』はキレっぷりがいいし、
『レザボアドッグス』はとにかくステキ
どれもいいんですよねぇ。(*^-^*)

これでしばらくは幸せな日々を送れそうです。( ´艸`)

Photo_3   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『バートン・フィンク』(Barton Fink)

1991年製作。
『ファーゴ』と同じくコーエン兄弟製作映画。

社会派の作品で高い評価を受けるバートン・フィンク。
まじめな性格で堅物って感じの人。
その彼がハリウッドの映画会社と契約し、
レスリング映画の脚本の執筆を依頼されたけど
大衆が喜ぶB級映画の脚本がまったく書けず、
追い詰められていく。。。

接着している糊が溶けて壁紙がはがれたり、
寝ていると蚊が飛んでうるさかったり、
その他色々、嫌な感じ満載の映画でした。
内容も暗い感じで、
見終わった後のすっきり感はまったくありません。

バートン・フィンクの周りで
色々変なことが起こりますが、
それは
ニューヨークから一人ロスに来て
誰も知り合いがいないし、
まったく執筆もできないで
精神的に追い詰められてしまい
幻覚を見たってことなんでしょうか。
本当に起こったことなのか、
幻覚なのか。。。よく分かりません。

それと、
同じような物が何度も写ったり、
一見意味のないような物がアップで映ったりするのは
何かメッセージがあるんでしょうけど、
それも難しくて私には理解できませんでした。

はっきりした答えのない作品って
見終わった後、
「あそこはああいう意味だったのかな」とか
色々考えられるので嫌いではありませんが、
この作品はなんか嫌な感じで
あまり思い出したくないです。

この作品を観た一番の目的は
ブシェミが出ているからなんですが、
「何で名前が出てるんだろう??」っていうぐらい
ホ~ントにちょい役。
とってもがっかりでした。(u_u。)

話は変わりますが、
隣の部屋のチャーリーを演じたジョン・グッドマンは
『ビッグ・リボウスキ』のウォルターで
主演のジョン・タトゥーロは『ビックリボウスキ』の
ジーザス・クィンターナをやってるんですね
名前を見るまで分かりませんでした。
役によってぜんぜん雰囲気が違いますね。
 
Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジッペイ またまた群馬へ =3

ダイスケさんとジッペイが新潟の佐渡から
またまた群馬へ来るみたいですね。

今度はどの辺りを紹介してくれるんでしょうか。
放送が楽しみです ( ´艸`)

ダイスケさん&ジッペイは
観光地をまわってるわけじゃないみたいですね。
ちょっと素朴なところへ行ってるみたい。

素朴な所なら群馬にたくさんありますよ~
っていうか、素朴なところばかりかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリンジ(FRINGE)

今日はちょっと時間があったので
『ボーンズ』の他に今まで気になっていた『フリンジ』を
借りてきました。
家に帰って、チョコのお散歩の後、早速 鑑賞会。

なんか話の展開が速いし、
いろんなことが順調にいっちゃいましたが、
でもおもしろいですね。

私は病原菌とかウィルスが感染して
パニックになるような話は苦手なんですが、
そういう感じじゃないようなのでよかったぁ。

1話の最後、意外な人が事件に関係していて
びっくりでした。
だけど、なんであんなことになっちゃったのか。。。
続きが気になります。
また借りてこよ。
 
Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧